店長如月かなえの英国バーレイ社製品取扱ショップNORFICO(ノルフィコ)
英国製バーレイ社のマグカップ、皿、プレート、ティーカップを取り扱いしております
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーレイ社とは
0_19cormaltop_imgs.jpg


いまや英国唯一、150年間変わらない伝統技法の銅版転写で 手作りされている陶器です。
Burgess&Leigh社(略してBurleigh-バーレイ-社)の故郷、
ストーク・オン・トレントは、豊かな土と陶器に適した気候に恵まれ、
昔ながらの銅版転写方法で数々の陶磁器を生み出してきました。
バーレイ社は、このストーク・オン・トレントで1851年にWilliam Leighに
よって設立され、約150年もの間熟練した職人達の技術と素晴らしい
デザインを 受け継いできたのです。


しかしながら、需要が減るにつれ
衰退し、とうとう 1999年には閉鎖に追い込まれてしまいました。
もはや倒産という事態に陥った 同社でしたが、
現在のオーナーであるDorling夫妻の努力により、
今もなお職人達が昔のまま手作りで陶磁器を作り続けています。

高麗キジと牡丹が描かれた「アジアティックフェザンツ」シリーズは、
1850年ごろに製品化され、現在も販売されています。
銅版にロール紙を押して模様を転写し、陶器に貼っていく手作業は、
150年前と同じ工場で、 今も昔のままに受け継がれています。


すべて人の手によって行われているため、
インクの量、陶器への貼り方等ひとつひとつ違います。


そのため、色の濃淡、 模様のズレ、等が発生し、
機械で作るものとは違い、小さなキズや柄のずれ、
インクの飛びなどがほとんどすべてにあります。
ただ、これもまた手作りのため生じるもので、
そのあたたかさが魅力になっています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/10(月) 19:22:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norijwt3.blog41.fc2.com/tb.php/29-1124ae06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
customize by カールアニキ Material by 自然いっぱいの素材集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。